前へ
次へ

家族葬ができるように工夫をしたいなら

昔に比べても、今は簡単に家族葬ができるようになってきました。
最初から最後までしっかりと導いてくれる葬

more

今から家族葬をしてもらうとしたら

実際に特定の業者を通して家族葬をしてもらうとしたら、きちんと最初から最後まで手伝ってくれる、良心的な

more

家族葬をしっかりと終わらせておきましょう

家族だけで終わらせることができる家族葬は、とても魅力的なやり方だといえます。
コストパフォーマンスが良

more

家族葬に知人は通夜や告別式に参列できるのか

知人が亡くなったことを知った場合、家族葬でも仲良かったら通夜や告別式に行っても良いのでしょうか。
結論から言うと「連絡がなければ参列をしないこと」です。
一般葬はできるだけ多くの人にお別れをしてほしいという人もいますが、家族葬は家族や身内のみで行うため、特報もすべてが終わってから知らせが来ることが多いです。
理由があって事前に通知が来る場合もありますが、家族葬と明記されている場合はいかないようにしてください。
これは故人の意思や家族が話し合い決めていることなので、配慮すべきです。
中には配偶者と子供だけで最後のお別れをしたいケースもありますので、マナーを守りましょう。
逆に、通夜や告別式に参列に招待された場合は、なるべく参列して故人を送ってあげてください。
個別に連絡がきますので、周りの知人は招待されていないかもしれません。
どんなに生前仲良くしていても、最後のお別れをしたいかどうかは故人が決めることです。
仲良しグループがあったとしても勝手に声をかけるのはよくないです。
一緒に参列を考えるなら、家族に招待があったときに聞いてみるのも良いでしょう。
一般葬とは違うので、あくまで自分が最後にお別れをしたい気持ちよりも故人や家族の気持ちを最優先にしてください。
もうひとつ大切なのが香典です。
一般的に家族葬は香典はなしですが、何も伝えられていない場合は一応包んで持って行き、断られたら持ち帰るようにしてください。
中には香典辞退と受付に書いてある場合もありますので、必ず確認をしてください。
故人や遺族の意向があるので、気持ちを尊重して負担にならないことが大切です。
また、これは供花や供物でも同じです。
香典と同じようにお返しが必要になってしまうものは控えるのが望ましいです。
招待が来たけど参列ができない場合、香典や供花、供物だけでもと思う気持ちもあるかもしれませんが、そのときはお悔やみの言葉を伝える弔電が一番良いでしょう。
ただし、お返しが不要だとしてもこちらも送っても良いか相談すると安心です。

SDGsに企業が取り組むのはなぜか
SDGsはビジネスチャンス、イノベーションチャンスと言われています。

ホームページ制作・リニューアルなら横浜・大阪のアートフレア株式会社

スポーツ大会を開催するための支援金、補助金を提供

保険無料相談に今ならプレゼントキャンペーンも付いてきます

ロンドン留学に役立つ情報もお届けしております
新しい一歩を応援するJAPAN AT UK LIMITEDです

Page Top